公式ルール

■試合時間■


【エキスパートクラスルール】
3分×5ラウンド制で行う。5ラウンドで勝敗が決しない場合、勝敗が決するまで3分間の無制限延長ラウンドを行う。各ラウンドのインターバルを1分間とする。
【フレッシュマンクラスルール】
3分×3ラウンド制で行う。3ラウンドで勝敗が決しない場合、3分×2ラウンドまでの延長戦を行う。各ラウンドのインターバルを1分間とする。
【スターティングクラスルール】
2分×3ラウンド制で行う。3ラウンドで勝敗が決しない場合、2分×1ラウンドの延長戦を行う。各ラウンドのインターバルを1分間とする。

■採点方法■

 

試合の採点は、次の項目に該当するものを基準として評価・採点される。
1)パンチ・キック・膝蹴り等の打撃や、背負い投げ・スープレックス等の投げ、アームロック・チョークスリーパー等の立ち関節などの有効技により、的確かつ有効な攻撃が認められ、相応のダメージを与えたかどうかを判定する。
2)採点の優先順位は、1.ダウン数・シュートポイント・キャッチポイント、2.相手に与えたダメージの度合い、3.クリーンヒットの数、4.アグレッシブ度(攻勢点)の順とし、優勢の方の選手を常に10点として劣勢の選手から減点していく採点方法を取る。但し、ポイント差の最大幅は10対6の4ポイントまでとし、これ以上のシュート又は、キャッチポイントによるポイント差はつかないものとする。
3)採点基準は以下の表に準ずる

投げ技によるダウン   3P
打撃によるダウン・レフェリーより「シュート」コールのあった、背面への投技

  2P

ラウンドの優勢点・レフェリーより「シュート」コールのあった、前面への投技
ラウンドの優勢点・レフェリーより「キャッチ」コールのあった、立ち関節技

  1P 

反則による減点

  以下反則技にて

a.)シュートポイントとは、以下の条件を満たした前・後方への投技に対しレフェリーが「シュート」コールをした場合に与えられるポイントをいう。
1. 相手が自分の腰よりも高い位置を通過している
2. 相手の両足が完全にマットから離れている
3. 相手を背面からマットに落としている

但し、タックルに関しては、一旦相手の腰を自分の胸の位置まで抱え上げてからの投げでなければならない

 

b.)キャッチポイントとは、以下の条件を満たした立ち関節技に対し、レフェリーが「キャッチ」コールをした場合に与えられるポイントをいう。
1. 両選手の、両足の裏以外の部分がマットに着いていない状態
2. 技により確実なダメージとなっていて脱出が困難な状態
両選手の、両足の裏以外の部分がマットに着いた状態でブレイクとなる。
尚、キャッチコール後に、ラウンド終了時間に至った場合、技が解けるまで試合は続行する。その時に、ギブアップの意思表示があった場合はKO。但し、最終ラウンドだけは、終了ゴングとともに試合を終了する。

■延長戦について■


必ず勝敗を決する為、第1条記載のクラス別に応じて延長ラウンドを行う。採点方法は全ラウンドを通しての合計点ではなく、その延長ラウンド毎のマストシステム方式によって行う。例え1ポイントの差でも勝敗を決する。

■審判員■

 

1) 審判員は4名とし、1名がレフェリーを努め、3名はジャッジとしてリングサイドにて審判しラウンド毎の採点を行う。レフェリーは採点に参加しない。
2) 万が一審判員に抗議する等の行いがあった場合、レフェリーにはその選手、セコンドの退場を命ずる権限がある。

■試合判定の分類■

 

1)判 定
ノックアウトによる勝敗が決しない場合、3名のジャッジによる各ラウンドの採点を集計し、2名以上が同一の選手を支持する場合に勝敗を決する。但し延長ランドにおいては1名の支持でも勝敗は決する。

2) ノックアウト
a.)ダウンして10以内に立ち上がり、8秒以内にファイティングポーズを取れなかった場合、または戦う意志が無いと判断されたとき。
b.)立ち関節によりギブアップの意思表示があった場合。
c.)一方の選手のダメージがひどく、主審が試合中止を命じた場合。
d.)試合中偶発的にリング下に転落し、20秒以内にリングに戻れない場合。
e.)リングエプロンの場合は、10秒以内に戻れない場合。
f.)両者が同時にダウンし、カウント10以内に立ち上がらなかった場合、ダブルノックダウンとして試合を終了する。この場合、11条の3項が適用される。

3) テクニカルノックアウト
a.)負傷(原因が双方の偶発性による場合)の為、試合続行不可能と主審が判断した場合。但し、第11条に準じる
b.)1ラウンド中に3回のダウンがあった場合。
c.)試合進行中、セコンドがタオルを投入した場合。

4) ドクターストップ
a.)大会医師が負傷により試合続行不可能と判断した場合。

5) ノーコンテスト(無効試合)
a.)選手双方がルール違反を犯したり、八百長、または馴れ合い試合を行ったと認められた場合。主審が再三注意、警告しても誠意あるファイトを行わず(無気力試合)主審が双方に失格を宣言した場合。

■有効技■

 

試合において次の技を有効とする。
パンチ :ストレート、フック、アッパー、バックブロー

キック :前蹴り、ローキック、ミドルキック、ハイキック、サイドキック、バックキック、飛び蹴り、ヒザ蹴り等~

投げ技 :首投げ、払い腰、一本背負い等の前方への投げ技、バックドロップ、スープレックス等の背面への投げ技

立ち関節:フロントチョーク、アームロック等の立った状態における関節技

■反則技■

 

a) 試合においては以下の技を反則とし、反則には「注意」、「警告」または「減点」が与えられる。主審は、「注意」に対しては口頭にて指示、「警告」に対してはイエローカードを提示、「減点」に対してはレッドカードを提示する。

最初の「注意」のみ2回で「警告」1となるが、以後は即刻「警告」1が与えられる。「警告(イエローカード)」2回で「減点(レッドカード)」1ポイントとし、1ラウンド中に減点が3ポイントになると失格となる。但し、反則に関して、審判員が不可抗力であると判断した場合は、この限りではない。
試合の流れで偶発的に有効打撃部分以外が当たり負傷した場合第11条の3項を適用する
1)  頭突きによる攻撃
2)  下腹部(金的)への攻撃はローブローとして反則を取る
3)  サミング及び相手に噛み付くこと
4)  倒れた相手、起き上がろうとしている相手に攻撃すること
5)  主審のブレイクが、かかったにもかかわらず相手を攻撃すること
6)  攻撃であれ、防御であれ、ロープを掴むこと
7)  第22条記載の認められた範囲以外にワセリン、オイルなどを塗った状態で試合を行うこと。
8)  相手、または主審に対する、侮辱的、あるいは攻撃的言動
9)  故意による後頭部への攻撃(後頭部とは、頭の真後ろの部分をいい、耳の周りは後頭部とみなさない)
10)  技を防御する際に座り込む等、故意にマットに手や膝をつく等の行為
11)  故意に相手をリング外へ転落させようとする等の行為
12)  自分から故意にリング外に出たとき
13)  その他ルールによって認められていない行為の一切を反則とする。
b) 審判団が悪質であると判断した場合、即座に減点が与えられる場合がある
c) 再三、頭を低くして相手の懐に飛び込む行為は、バッティングを誘発する行為として注意を与える。
バッティングにより選手のどちらかが切れて出血した場合、偶然であってもカットさせた選手を減点1とする。但し、レフェリーが故意であると判断した場合は減点2とする。
d) 攻撃を伴わないホールディングや技の掛け逃げが度重なり、消極的であると判断した場合レフェリーは「注意」、「警告」、あるいは「減点」をとる。
尚、技の掛け逃げとは、攻撃の後すぐに組みつき、攻防を意図的に中断する行為をいう

■失格■

 

次の場合、選手は失格となる。
1)  故意に反則を犯し、主審が失格を宣言した時
2)  試合中審判員の指示に従わない時
3)  試合出場時刻に遅れたり、出場しない時
4)  粗暴な振る舞い、悪質な試合態度とみなされた時
5)  主審が、選手の戦意がないと判断した時
6)  警告2回で減点1とし、1ラウンド中に減点が3になった時
7)  大会医師の診断を受け、その結果出場不可能とみなされた時
8)  その他、試合規定に違反すると認められた時

■選手の一方が著しく優勢な場合には、主審の判断により、試合終了を待たずに勝者を決することが出来る■

■負傷者が出た場合、試合を継続させるかどうかは大会医師、審判員が協議の上決定する■

■選手が負傷のため、試合を継続することが出来ない場合は、次の各項によって勝敗を決する■

 

1)  負傷の原因が相手の反則による場合、主審は一定時間負傷した選手を休ませて様子を見るが、それでも選手が回復せず、試合続行不可能な時は、反則者の負けとする(反則者の失格)
2)  負傷の原因が、負傷者自身の不注意による場合は、負傷したほうの負けとする。(負傷者の失格)
3)  負傷の原因が双方の偶発性による場合
a.)2Rが終了していれば試合は成立されたものとし、2ラウンドを終了せず試合が成立していない場合は、試合を続行出来る選手の勝ち扱いとする。   
b.)試合が成立している場合は、成立しているラウンドの採点を取り、ポイントをリードしている選手を勝ちとする。但し、ポイント差が無い場合いは、試合を続行出来る選手の勝ち扱いとする。リングからの転落によるノックアウト、ダブルノックダウンの場合も同様とする。

■選手または、所属団体の責任者は、審判員の宣告及び判定に対して、異議の申し立てを行うことは出来ない■

■カウントダウン■

 

a.)ダウンとは、ダメージの有無に関わらず、攻撃を受けて倒れ、速やかに立ち上がれない状態をいう。
b.)ダウンカウントは主審の『ダウン』のコールに従って進められる。
c.)ダウンを奪った選手は、主審がダウンカウントを取っている間、指示があるまでニュートラルコーナーに待機しなければならない。
d.)ダウンを奪った選手がこの指示に従わない場合、主審はダウンカウントを中断し、ニュートラルコーナーに移動したことを確認した後にダウンカウントを再開する。
e.) 主審のダウンカウント中にラウンド終了時間に至った場合最終ラウンドを除き、ラウンド終了の合図をせずにカウントを続け、10カウント中にダメージが回復しない場合はKOとなる。

■セコンドについて■

 

a.)選手はチーフセコンド1名と2名のセコンド、合計3名をリングサイドに待機させることが出来る。
b.)3名のセコンドは,ラウンド中は指定された場所に待機しなければならない。
c.)セコンドは、ラウンド中、ロープやエプロンなど、リングのいかなる場所にも手を触れてはならない。
d.)上記の指示に従わない場合、審判員はそのセコンドを試合場からの退場を命じる事ができる。

■服装・競技用具規定■

 

a.)3名のセコンドは服装を統一し、選手と共にチームウェアを着用することを義務づける。Tシャツにジーンズといった出で立ちは認めない。尚、Tシャツは、チーム統一の物であれば問題ない。
b.)選手は、協会コミッションが認定する公式コスチューム、または認可を受けたコスチュームを着用して試合を行う。
c.)選手は競技用具として、協会コミッションが認定するグローブを着用し試合を行う。
d.)選手は、協会コミッションが認可をした競技用具以外いかなるものも身に付けてはならない。

■テープとバンデージの使用について■

 

選手は、両手、拳にテープとバンテージ以外のいかなる素材も着用してはならない。選手がテープ及びバンテージを施す際は、必ず試合場に到着してから着用すること。会場入り前のテーピング及びバンテージ着用は認めない。バンテージ、テーピングを着用したら審判団によるバンテージチェックを行う。また、このチェックを受けた後は試合が終わるまでバンテージは外せない。もし、封印を解いた痕跡がある場合、選手は再度バンテージチェックを受けなければならない。バンテージチェックは、当日係員の指示した場所にて審判員が行う。

■テープ使用の細則■

 

選手は、拳の部分に、拳を保護する目的での最小限のテープを施すことが出来るテープとバンテージ以外は如何なるものも拳に乗せてはならない。ここでいう"最小限"とは、バンテージチェックにおいて、対戦相手のトレーナー、審判員が同意する範囲のものと解釈する。

■選手は負傷などのいかなる理由であれ、その負傷を保護する目的でゴム、プラスティックなど、通常使用するホワイトテープ、バンテージ以外の材質の物を着用する事を禁止する。但し、負傷箇所にテーピングを施す場合には、ホワイトテープ、伸縮性のテープは認めるが、ドクターならびに審判団のチェック及びサインを必要とする。チェック済のサインが無い場合、選手はそのテープを取り外さなければならない。試合開始後の負傷個所へのテーピングの使用も一切禁止する■

■グローブ・グローブチェック■

 

a.)選手は、手に協会コミッションが用意する規定のグローブを付けて試合を 
行う。グローブの各階級別サイズは(~65kg/6オンス)(66kg~75kg/8オンス)(76kg~/10オンス)とする。
b.)グローブの着用をする前に各自グローブチェックを受け、封印したテープに係員のサインを受けること。また、このチェックを受けた後は試合が終わるまでグローブは外せない。万が一封印を解いた痕跡が認められた場合選手は、再度グローブチェックを受けなければならない。
c.)グローブチェックは、当日係員の指示した場所にて審判員が行う。

■計量■

 

試合当日の午前10時に主催者の指定する場所で、対戦相手またはそれを管理監督する者が同席のもとで行う。但し競技会が午後5時よりも前に開始する場合は、競技会前日の午後7時に行うものとする。選手は、もし規定の契約体重をオーバーした場合、30分毎に3回まで再計量を行い、時間内に規定の体重に達しなければ失格、または契約金の70%を賠償金として支払う義務を負う。

■マウスピースについて■

 

試合中、選手の口からマウスピースが落ちてしまった場合、原則としてはレフリーがこれを拾い、そのラウンド終了後にその選手のコーナーに戻すものとする。

■オイルやワセリンの使用について■

 

選手は、顔に最小限のワセリンを塗ることを認められるが、競技に支障をきたす為、それ以外の部分にワセリン、オイルなどのいかなるものも塗ってはいけない。
この場合の最小限とは、審判員が許可する範囲の量と解釈し、万が一認められた範囲以外に塗布物が確認された場合は反則とみなし即刻「警告」1を与える。また顔のワセリンにおいても多量に塗ったままでの試合は認められず、その場合は必ず拭き取らせ「注意」1を与える。

■メディカルチェック■

 

選手は、試合前に必ず大会医師によるメディカルチェックを受けなければならない。試合終了後にも再度のメディカルチェックを受けることを義務付ける。

■選手の負傷個所について■

 

1) 大会医師は、試合中は各選手への治療は行なわない。
2) インターバル中であっても、テーピングを使用しての負傷個所への治療は認めない。第18条に準じる。

■ウェイト別クラス編成■

ミニマム級             ~47kg
フライ級 ~50kg
バンタム級 ~52kg
スーパーバンタム級 ~55kg
フェザー級 ~57kg
スーパーフェザー級           ~60kg
ライト級 ~62kg
スーパーライト級 ~65kg
ウェルター級 ~67kg
スーパーウェルター級 ~70kg
ミドル級 ~72kg
スーパーミドル級 ~75kg
ライトヘビー級 ~80kg
ヘビー級    ~85kg
スーパーヘビー級    90kg以上

■本大会規定に定められていない問題が生じた場合、審判長、審判員の合議によって、これを処理するものとする■

What's New