シュートボクシングとは

What's SHOOT BOXING

■What's SHOOT BOXING■

 

1985年に元・日本キックボクシング・ウェルター級チャンピオン、シーザー武志によって創設された、パンチ・キック・投げ技・そして立関節技を認めた立技総合格闘技です。
倒れた相手には攻撃をしない“サムライの闘い”同様、寝技の攻防を一切認めず、常にスタンディングの状態で闘うことをルールとし、クリンチや寝技における膠着状態がないノンストップでスピーディーな試合スタイルが特徴。世界に向けてサムライスピリッツを発信するニュー格闘スポーツ

 

■EVENT■

 

東京を中心に年間6~7大会のシリーズ戦を開催し、それと合わせて2年に一度シュートボクシングのワールドカップとも言える世界トーナメント『S-cup』を開催。これまで、吉鷹弘、ライアン・シムソン、アンディ・サワー、緒形健一が戴冠。
加えて様々な格闘競技を一同に集結した格闘技の祭典『GROUND ZERO』シリーズも隔年開催。普段同じリングで顔を合わせることがないファイター達が、それぞれのパフォーマンスを競い合う場としてこれまで多くの著名選手が参加しております。
また、アメリカやオーストラリアなど、海外においてもこれまで10数回のイベントが開催されており、2008年からはオランダ、ブラジルでS-cup予選を行なうことも決定しています。

■PROFESSIONAL■

 

プロ公式戦の試合形式は、体重別に階級を分け、1ラウンドを3分間とした3また5ラウンド制によって行ないます。ボクシング同様、手には各階級毎に6~10オンスのグローブを着用し、勝敗は、打撃技や投技による“KO”もしくは立関節技による“ギブアップ”、または、打撃の「ヒットポイント」、投げによる「シュートポイント」、立関節技による「キャッチポイント」の採点し判定で決します。判定はドロー決着を排除し、勝敗が着くまで延長戦を行なう完全決着ルールを採用。
コスチュームが、水泳選手やレスラー同様、ラッシュガードパンツのような機動性と機能美に優れたロングスパッツであるのも特徴の一つ。

■AMATEUR■

 

アマチュア組織も協会設立当時より発足。『全日本アマチュア選手権』を関東、東海、関西にて年5~6大会開催。安全面を考慮したアマチュア選手権には毎回100名に及ぶ参加申し込みがあり、これまで数々のスター選手がここから誕生しております。
2000年からは、アマチュア部門よりも更に初心者向けの『ライトアマチュア』部門を新設。顔面を覆うプロテクターや胴当てを着用するなど、より安全面を重視したソフトコンタクトのルールを採用し若年層や女性の参加者を対象に年間3~4回大会の『全日本ライトアマチュア選手権』を開催。

■LADY'S■

 

アマチュア部門同様、プロの女子部門(レディースクラス)も設立当時から独自に展開し、女子格闘技界の老舗として数多くの日本チャンピオンや世界チャンピオンを輩出しています。

■LICENSE■

 

アマチュア選手権の関東、東海、関西大会に出場し、優勝もしくは規定の入賞回数をクリアし、コミッションの認可を得てライセンスが発行されるシステムです。アマチュアからプロまでのしっかりとしたピラミッドが形成されています。

What's New